海外FX業者で超ハイスピードに儲ける私の日々
ある時、日本のFX業者より、海外のFX業者で口座開設してFXトレードをするといいことだらけなことに気がついた私の加速的FXトレード日記
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
FXトレーダーのヨットはここにある!!(←意味が分かる人はけっこう玄人)
完全手放しで、安定的運用利回りを続けている、PAMM/マネージドアカウントを随時ご紹介!海外のFX知識と情報とノウハウを徹底活用したFX常勝方法!一部完全無料公開!!

2004年~2016年 私のFX!
FXの経験は12年目になります。FXを始めて最初の数年間に、あるトレード方法を伝授されたことで、連日20万~30万という利益を簡単に積み重ねていくという実にお祭りのような日々を経験。数千万の利益を手にし有頂天になりました。 しかし・・・その後失ったお金もフェラーリ1台くらい・・(-_-;)||||(シャレならん・・) 他では味わえない精神的苦痛や独特の絶望感の限界と、金銭的大大ダメージを経験し、その後私は専業トレーダーという過酷で孤独な仕事から退き、海外へ目を向け人脈をたどり本業の傍らウロウロと足を運ぶようになりました。6年前です。自らの酸いも甘いもの経験と、FXを通じて国内外の出会いが常々転換点となり今日に至ります。FXの酸いも甘いも裏も表もとてもガッツリ経験済みです。
そんなこんなを経て私はマネージドアカウント(PAMM),EAやコピートレードなど主に海外のサービスをいち早く実践してきました。PAMMやマネージドアカウントでも失敗経験もありますが、個人的にいくつか組み合わせて安定利回りを継続すべく様々な情報を入手し精査し取捨選択しています。

【公開中!】以下は私自身のPAMM運用中のライブ口座をタイムリーに公開しているものになります。
(クリックで詳細が閲覧できます)



収益合計: +42.7%(1年)    最大DD: -4.1%




上記のような優れたPAMMを自分で見つけて、運用できるようになるノウハウ全てを以下のオンライン講座で余すことなくお伝えしています。
・40代に突入そろそろ資産運用をとこれからFXを始めようと思っている
・FXを初めて間もない、なかなか勝てないと行き詰まっている
・自分でFXトレードするのは限界があると思い始めている
・PAMM、マネージドアカウントをやってみたい
・高利回りのファンドの勧誘につられて失敗した苦い経験がある
・プロのトレーダーに運用して盛れたらな・・と思ったことがある

こういった方へ、

ブログでは口が裂けても書けない!PAMM(FXマネージドアカウント)マスタークラス特別集中講座↓↓↓↓
↓↓↓ご提供開始から非常に高い評価を多数頂いています!




9年間を通じて得たこれまでのトレーダーとしての経験や、FX業界ネットワークから、余すことなく”真の味方として無駄に損をせずしっかりと利益を積み上げ生き残っていく為の知識や自身の経験から得た独自のノウハウを 「マネージドアカウントマスタークラス講座」という形でご提供いたします。

ブログでは到底書けないこと、伝えきれない事、マネージドアカウント(PAMM)投資で生き残るために絶対に知っておいてほかなければならない事などを、投資家、ユーザーの立場に立ってガチでアドバイスをさせていただきます。自分で言うのもなんですが、私がFXを通して得た様々な経験は必ずや皆様のお役に立つことができると確信しています。

【無料配布(期間限定)】そもそもPAMMってなに?FXマネージドアカウントって何?という方はまずはこれ!




↑これ無料提供はもったいないレベルの内容だよと言われているマニュアルです↑



海外をあっちゃこっちゃ動く中で”情報源”と"経験"を得ることができました。やはり仕事もなんでも”直接会う”ということはメールを100通やり取りするより意味がある場合が多いなと感じています。 いろんな情報を見聞きしてきましたし、過去失敗も色々としました。意外と苦労しました。。。
たぶん日本の方はほとんど知らないこれらの運用方法をはじめ、海外のFXについてのさまざまな情報を分かりやすく書き込んでいきたいと思っています。

皆様のさらなる躍進の種となりますように・・・
SEO:FX SEO:システムトレード SEO:デイトレ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以下は私のPAMM運用中のライブ口座をタイムリーに公開しているものになります。





PAMMってなに?FXマネージドアカウントって何?という方はまずはこれ!↓
↓これ無料提供はもったいないレベルの内容だよと言われているマニュアルです↓

《無料》9年間の経験がモノを言った!FXマネージドアカウント(PAMM)の基本と知られざるプロのチェックポイント>
上記のような優れたPAMMを自分で見つけて運用できるようになるノウハウの全ては以下の講座で余すことなくお伝えしています。
ブログでは口が裂けても書けない!PAMMマスタークラスオンライン特別集中講座↓↓↓↓
↓↓ご提供開始から非常に高い評価を多数頂いています!↓↓



証券・投資運用業界で25年上場・公開企業2000社以上に 経営コンサル、IRコンサルなどされてきた知り合いのメールをまんま・・
海外のFX業者を使った海外FXトレードは実に多くのメリットがあります。きゃー!PAMMやMAM、マネージドアカウントもその1つ。なにかと知ってしまうともう日本のFX業者を使ってなんてやってられんorz!レバレッジの規制もないですし、推進or申告分離・・税制の違いも使いようです(◔ฺo◔ฺ 海外へ視点を移すと色々なことがガン見えです。環境を大きく変えると、日本ではありえない常勝トレードのヒントまで見えてきたり・・・おっとっと  まだまだこのブログは知る人ぞ知る?目立たないブログです。勝つのは少数派・・・そんな存在でいられれば面白いですね 。同じ視点を持つトレーダーや投資家の方々とは一緒に得をしていきたいと思います(^^)
海外のFX業者を活用した私の加速的なトレードのやり方・・・・・・を読む前に
____________________________________________________________________________________________________________________________________

皆様こんちわ照  海外FX(゜Д゜)ノ ァィ です。

先日知り合いの 現役 経営コンサルタント/ジャーナリストで
証券・投資運用業界で25年上場・公開企業2000社以上(全上場・公開企業の約半分)に
経営コンサル、IRコンサルなど第一線でやってきた知り合いに


「今後の為替の方向性についてどう思う? どう見えてる??」

っていう質問をなげかけ何度かメールのやりとりをし、彼の経験則や知識などを踏まえた彼目線の見解をもらうことができました。
今回はその内容をほぼそのままアップしてみたいと思います。
(本人には了解済みです)

いつも私の目線ばかりですが、
証券・投資運用業界で25年上場・公開企業2000社以上相手にしてきた
彼の見えている相場に対する情景もまた参考になるかもしれません。
 

↓こっから彼の頭の中↓

*****************************************************************************************

為替と日本株の相関性、リスクオン・オフについて改めて考えてみる


~FXでのポジション取りの祭参考材料となる為替と株の相関関係において、この両者の相関が今後も継続するのかどうか~

日本株への投資を考えるうえで、為替レートは円安、円高、どちらが追い風なのか?

答えは極めて明白で、やはり”円安”です。

理由は主に”日本産業構造自体が圧倒的に輸出で利益を稼ぐ構造になっている”からです。

自動車業界などがその典型的ですね。

実際、8月xx日付(たしか、24日か25日の朝刊だったように記憶していますが・・・)日経朝刊1面の記事でも、今期企業業績が円安によって一段と押し上げられる可能性が高いことを報じています。

別な言い方をすれば、日本株市場を見る基本的な考え方は

「円安進行 → 企業業績上振れ期待の増幅 → 株価上昇」

というロジックでした。昨年11月からのアベノミクスによる株価回復局面において株価上昇と円安が同時に起こり、両者の間に高い相関性が見られてきたわけですが、それはごく当然のことだと思います。

私が今回思うポイントとしては、
FXでのポジション取りの祭参考材料となる為替と株の相関関係において、この両者の相関が今後も継続するのかどうか、ということです。

そのまえにちょっと寄り道して、株式市場や為替市場の動向を解説する記事で頻繁に使われる「リスクオン・オフ」ということについて・・・。

「リスクオン・オフ」ってなんやねん?

正直に言って、私はこの表現にかなり強い違和感を感じてます。
どうも解説記事などを見ると執筆者間でリスクオン・オフの定義が一定していないです。ひどい場合同じ解説者が全く逆の使い方をしているケースがありますからね。

読者の方々は「リスクオフで円が買われた」という表現と「リスクオフで円が売られた」という表現の両方を見た記憶があることと思うのですが実際どうです?
かなり混乱しますよね・・

ある時までは「リスクオフ=円買い」だったものが、急に、ある時から突然に「リスクオフ=円売り」として為替市場の動向が解説される。
さらには、枕詞に「株価下落によって」などという言葉が入るため、余計意味が分からなくなる。

こんなときどう考えたらよいのか。

私の考えは「リスクオン・オフという表現自体にはさほどの意味はなく、要は、 “ポジションの巻き戻し”をカタカナ言葉で言ったに過ぎない」ということです。。

ポジションの巻き戻しというのは、「想定外」のことが起こった時に、それまでの投資行動と反対行動をするということです。。そこにはロジックはありません。
このように考えて、「日本株の下落を受けてドル買いのポジションを持っていた投資家がドル買いポジションを巻き戻した結果円安が進んでます。」と読みかえればかなり腑に落ちてくるのではないでしょうか?

話を元に戻ましょう。

長らく日本の産業構造は “円安メリット>円安デメリット” という状況でしたがそれがいよいよ崩れてきており、今の日本は円安がニュートラルか、もしかしたら円安デメリットの方が大きいステージに入りつつあるのではないか、というのが私の腹の中で思っている基本的な考えです。。

理由としては、これまでの円高局面で日本企業は円高対策を進めてきたためかつてほど円安メリットを享受しにくくなっているということや、原発の停止でエネルギーの石油依存度が再び高まったことなどが挙げられます。

日本企業の円高対策とは具体的にどういった事かですが、第一に、生産拠点の海外移転が挙げられます。日本で製造して輸出するのではなく、海外で生産して海外市場へ出す。よって日本をスルーするので、円建て取り引きが介在しなくなるので、為替影響が減少するということですね。

他には、会社によっては期初に予算にしたがって為替ヘッジを行う会社があります。この場合、営業利益では円安メリットが出ますが営業外費用で為替差損が出るため、経常利益や当期利益の段階では、円安メリットは出てこないということになります。例としては前者の製造拠点の海外移転というのが最もわかりやすいと思います。
この動きは過去何十年にもわたって少しづつ進展してきており、今も続いていますが、大震をきっかけにちょっと加速した感があります。

これは別に新しい視点ではありませんが、時間をかけてこうした円安デメリットの度合いが徐々に高まってついに“円安メリット<円安デメリット”となったのではないか、というのが私の考えです。その象徴かもしれない一例がキヤノンの今期見通しの数字です。

6月期中間決算発表を踏まえて、業績予想の為替レートの前提をドル円、ドルユーロとも、1円づつ円安(有利に)に変更していますが、にもかかわらず営業利益の為替影響額は前回見通しから30億円減額しています。
キヤノンの企業規模で30億円の増減は誤差の範囲ともいえますが、問題は、
円安→利益増額、とは素直に行かなくなってきているところにあります。
そしてこれはキヤノンだけにとどまらない可能性が十分あるということです。。

為替(円安)と株価(日本株上昇)の連動の間には、企業業績(円安による利益押し上げ)というファクターが入っているわけで、円安が直接的に株価上昇をもたらすわけではないのでキヤノンのような事例には注意が必要です。。

一方、為替レートは株価に影響されて動くというよりは、対ドルで言うならば日米の金利差やその結果として起こる資金フローなどに主として左右されます。

株価上昇が円安をリードしているように見える局面もありますが、そうでない時も普通に見られます。もちろん、株価の動きと為替レートの動きには、時間軸の違いという側面もあり、 為替→業績→株価というのは長期的な動きです。金利差→為替変動も中長期的な動きです。一方で為替市場は株式市場とは比較にならない市場規模ですから短期筋の影響度も非常に大きいということもあります。

8月21日に7月のFOMC議事録が公開されたとき、ちょっと面白い現象が見られました。

米国株が下落し、為替が円安に振れたのです。。
それまでは米国株が下落すれば“リスクオフ”という形で円買い(ドル安円高)の反応であったのが、それが反対に出たわけです。
米国株はQE3縮小→米長期金利上昇&米株下落という形で、セオリー通りの動きをしてきました。
7月議事録でその流れが確認され、改めて株が売られたということであろうと見受けられます。

一方、ドル円は、本来であれば米国金利に対して反応すべきなのに、日本株との高い連動性を維持して、見事なまでに株安・円高という動きを示してきました。その流れが続くのであれば7月議事録公開直後の反応も株安・円高が想定されたわけです。が、実際には株安・円安という動きとなりました。

これは為替の市場参加者の視点が、株式市場から日米金利差へと移ったためと考えられますが、なぜそうなったかといえば、昨年末から5月22日までに積みあがっていたドル買いポジションの巻き戻しがほぼ終了したためと考えられます。

今後は、為替については大きなポジション整理が終了したことで金利差などに左右される動きが予想される一方、日本株については企業業績における円安メリットについて期待ほどではないという疑念が生じてきているため、株価動向と為替レートの動きにかい離が生じてくるのではないかと考えています。
中間決算発表が本格化する10月頃までは表面的には過去と同じように両者の高い連動性が維持されるであろうが、その後はかい離がより明白になってくるのではなかろうかと思っています。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「経営コンサルタント/ジャーナリスト H氏
アナリスト、ファンドマネジャーとして証券・投資運用業界で25年の経験。
現在、経営コンサルとして、IR・広報、知財・法務、事業承継、事業再生などに関するアドバイス業務を行っている」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*****************************************************************************************


やはり円安へ進んでいくのは堅いだろうが、ドルと株の相関関係が崩れるだろうという見解のようですね。

相場の方向性を見定めるのに株の相関関係を参考にされている方も多いはず。
皆様へ参考になればと思います。。
まぁ大したことはないけどふ~ん!と思った方はここをボチっとお願いします!!
スポンサーサイト

以下は私のPAMM運用中のライブ口座をタイムリーに公開しているものになります。





PAMMってなに?FXマネージドアカウントって何?という方はまずはこれ!↓
↓これ無料提供はもったいないレベルの内容だよと言われているマニュアルです↓

《無料》9年間の経験がモノを言った!FXマネージドアカウント(PAMM)の基本と知られざるプロのチェックポイント>
上記のような優れたPAMMを自分で見つけて運用できるようになるノウハウの全ては以下の講座で余すことなくお伝えしています。
ブログでは口が裂けても書けない!PAMMマスタークラスオンライン特別集中講座↓↓↓↓
↓↓ご提供開始から非常に高い評価を多数頂いています!↓↓



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。