海外FX業者で超ハイスピードに儲ける私の日々
ある時、日本のFX業者より、海外のFX業者で口座開設してFXトレードをするといいことだらけなことに気がついた私の加速的FXトレード日記
200812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200901
FXトレーダーのヨットはここにある!!(←意味が分かる人はけっこう玄人)
完全手放しで、安定的運用利回りを続けている、PAMM/マネージドアカウントを随時ご紹介!海外のFX知識と情報とノウハウを徹底活用したFX常勝方法!一部完全無料公開!!

2004年~2016年 私のFX!
FXの経験は12年目になります。FXを始めて最初の数年間に、あるトレード方法を伝授されたことで、連日20万~30万という利益を簡単に積み重ねていくという実にお祭りのような日々を経験。数千万の利益を手にし有頂天になりました。 しかし・・・その後失ったお金もフェラーリ1台くらい・・(-_-;)||||(シャレならん・・) 他では味わえない精神的苦痛や独特の絶望感の限界と、金銭的大大ダメージを経験し、その後私は専業トレーダーという過酷で孤独な仕事から退き、海外へ目を向け人脈をたどり本業の傍らウロウロと足を運ぶようになりました。6年前です。自らの酸いも甘いもの経験と、FXを通じて国内外の出会いが常々転換点となり今日に至ります。FXの酸いも甘いも裏も表もとてもガッツリ経験済みです。
そんなこんなを経て私はマネージドアカウント(PAMM),EAやコピートレードなど主に海外のサービスをいち早く実践してきました。PAMMやマネージドアカウントでも失敗経験もありますが、個人的にいくつか組み合わせて安定利回りを継続すべく様々な情報を入手し精査し取捨選択しています。

【公開中!】以下は私自身のPAMM運用中のライブ口座をタイムリーに公開しているものになります。
(クリックで詳細が閲覧できます)



収益合計: +42.7%(1年)    最大DD: -4.1%




上記のような優れたPAMMを自分で見つけて、運用できるようになるノウハウ全てを以下のオンライン講座で余すことなくお伝えしています。
・40代に突入そろそろ資産運用をとこれからFXを始めようと思っている
・FXを初めて間もない、なかなか勝てないと行き詰まっている
・自分でFXトレードするのは限界があると思い始めている
・PAMM、マネージドアカウントをやってみたい
・高利回りのファンドの勧誘につられて失敗した苦い経験がある
・プロのトレーダーに運用して盛れたらな・・と思ったことがある

こういった方へ、

ブログでは口が裂けても書けない!PAMM(FXマネージドアカウント)マスタークラス特別集中講座↓↓↓↓
↓↓↓ご提供開始から非常に高い評価を多数頂いています!




9年間を通じて得たこれまでのトレーダーとしての経験や、FX業界ネットワークから、余すことなく”真の味方として無駄に損をせずしっかりと利益を積み上げ生き残っていく為の知識や自身の経験から得た独自のノウハウを 「マネージドアカウントマスタークラス講座」という形でご提供いたします。

ブログでは到底書けないこと、伝えきれない事、マネージドアカウント(PAMM)投資で生き残るために絶対に知っておいてほかなければならない事などを、投資家、ユーザーの立場に立ってガチでアドバイスをさせていただきます。自分で言うのもなんですが、私がFXを通して得た様々な経験は必ずや皆様のお役に立つことができると確信しています。

【無料配布(期間限定)】そもそもPAMMってなに?FXマネージドアカウントって何?という方はまずはこれ!




↑これ無料提供はもったいないレベルの内容だよと言われているマニュアルです↑



海外をあっちゃこっちゃ動く中で”情報源”と"経験"を得ることができました。やはり仕事もなんでも”直接会う”ということはメールを100通やり取りするより意味がある場合が多いなと感じています。 いろんな情報を見聞きしてきましたし、過去失敗も色々としました。意外と苦労しました。。。
たぶん日本の方はほとんど知らないこれらの運用方法をはじめ、海外のFXについてのさまざまな情報を分かりやすく書き込んでいきたいと思っています。

皆様のさらなる躍進の種となりますように・・・
SEO:FX SEO:システムトレード SEO:デイトレ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以下は私のPAMM運用中のライブ口座をタイムリーに公開しているものになります。





PAMMってなに?FXマネージドアカウントって何?という方はまずはこれ!↓
↓これ無料提供はもったいないレベルの内容だよと言われているマニュアルです↓

《無料》9年間の経験がモノを言った!FXマネージドアカウント(PAMM)の基本と知られざるプロのチェックポイント>
上記のような優れたPAMMを自分で見つけて運用できるようになるノウハウの全ては以下の講座で余すことなくお伝えしています。
ブログでは口が裂けても書けない!PAMMマスタークラスオンライン特別集中講座↓↓↓↓
↓↓ご提供開始から非常に高い評価を多数頂いています!↓↓



FOMCを来週に控えて
海外のFX業者を使った海外FXトレードは実に多くのメリットがあります。きゃー!PAMMやMAM、マネージドアカウントもその1つ。なにかと知ってしまうともう日本のFX業者を使ってなんてやってられんorz!レバレッジの規制もないですし、推進or申告分離・・税制の違いも使いようです(◔ฺo◔ฺ 海外へ視点を移すと色々なことがガン見えです。環境を大きく変えると、日本ではありえない常勝トレードのヒントまで見えてきたり・・・おっとっと  まだまだこのブログは知る人ぞ知る?目立たないブログです。勝つのは少数派・・・そんな存在でいられれば面白いですね 。同じ視点を持つトレーダーや投資家の方々とは一緒に得をしていきたいと思います(^^)
海外のFX業者を活用した私の加速的なトレードのやり方・・・・・・を読む前に
____________________________________________________________________________________________________________________________________

皆様こんちわ照  海外FX(゜Д゜)ノ ァィ です。

先日知り合いの現役経営コンサルタント/ジャーナリストとのやりとりをそのまんまアップさせてもらいましたが、 彼とここ最近メールやチャットのやりとりをしていて、いろいろと語っておりますので、取りまとめて 今回もアップします。
(本人には了解済みです)


証券・投資運用業界で25年上場・公開企業2000社以上相手にしてきた
彼の見えている相場に対する情景もまた参考になるかもしれません。
 

↓こっから彼の頭の中↓

*****************************************************************************************

FOMCを来週に控えて思うこと

9月のFOMCが来週に迫ってきましたね。9月17、18日の両日開催され、日本時間では19日木曜日の早朝に内容が発表されるというスケジュールです。

そこでの最大のポイントは言うまでもなく、QE3の縮小が決定されるのかどうか、縮小されるとしたらその規模はどれくらいになるのか、そして、それが為替市場に与える影響は?、ということになろうかと思います。

これについてどんな予想をされているのでしょうか?

私は、9月からQE3は縮小で、その幅はまずは少な目(国債で100億ドルの削減。MBSには手を付けない)といったあたりではないかと予想しています。

この内容であればすでに織り込み済みということで、為替市場の反応は限定的なものにとどまるのではないかと考えています。

100円を大きく超えて101円50銭あるいは103円といった節目を一気に抜くというイメージよりは、100円台前半を固めに行くというようなイメージを描いてます。

L派の私としてはもちろん一気に高値を抜いてほしい気持ちが強いのですが、さすがにそこまでのエネルギーは今回のFOMCからは発せられることはないと考えてます。

このような私の考えは、市場コンセンサスに沿ったものですから、
何が起こればサプライズになるかをちょっと考えてみました。

QE3縮小見送り:私個人的としては出来れば避けてほしい展開ですが、この可能性も否定できません。市場のコンセンサスは9月の緩和縮小でほぼ固まってきたように思いますので、緩和縮小の見送りはちょっとしたサプライズとなるのではないでしょうか。

その場合は、12月からの縮小の可能性がむしろ高まり、タイミングが後ズレしただけという反応となるので、市場の混乱の度合いは小さいのではないかと予想します。

QE3の縮小額が200億ドル規模となる:ご存知のように、QE3の内訳は、国債買入れで450億ドル、MBS買入れで400億ドルです。このうち、MBSは住宅市場への影響が多いので、さすがのFRBも当面は手を付けてこないとみられています。

一方、国債については9月と12月の2回で全廃するという見方をする識者も少数ながらいます。もし9月で200億ドル縮小させると、12月で残り250億ドルを縮小させるというシナリオの現実味ががぜん高まってきます。

QE3の縮小がMBSにも及ぶ:これを予想するエコノミストはほとんどいないように思います。

実際、その可能性は非常に小さいのだと思います。が、たとえ50億ドル程度でもMBSに手を付けてくるようなことになれば、FRBの緩和縮小へのメッセージはものすごく強調される一方、住宅市場への影響が不透明なので、為替市場だけでなく株式市場も含めて、消化するまで混乱するのではないかと思います。

たとえば、ドル高円安という反応ではなく、ドル安円高という反応も十分起こり得るのではないでしょうか。

上記の3つくらいしか展開が想定できないですが、他にも予想もつかないことが起こる可能性は常にありますね。今から来週のFOMCが楽しみです。

FOMCの楽しみとして、もう一つの視点を挙げたいと思います。

それは日本株市場の動き方です。

QE3の内容によっては、為替が円安ドル高、米国株市場が株価下落という反応を示す可能性があります。

そうなったとき、日本株市場は、いったいどちらに引っ張られるのでしょうか?

この点も、私にとっては大いに興味のあるところですが、考えても全く答えは出てきません。私自身は、日本株とドル円の高い連動性が崩れてくるのはもう少し先と考えておりますが、FOMCの内容次第では、一時的にせよ連動性が崩れて、将来に予想される本格的な連動性喪失の準備運動になるかも・・・

などとちょっと妄想したりもしているところです。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「経営コンサルタント/ジャーナリスト H氏
アナリスト、ファンドマネジャーとして証券・投資運用業界で25年の経験。
現在、経営コンサルとして、IR・広報、知財・法務、事業承継、事業再生などに関するアドバイス業務を行っている」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*****************************************************************************************


皆様へ参考になればと思います。。
まぁ大したことはないけどふ~ん!と思った方はここをボチっとお願いします!!


私の、9年に及ぶFX、マネージドアカウント、PAMM、投資、海外・・ で学んだことの全てを。↓
bn

私の実践資産運用はこちらで公開しています ↓

国内証券口座で行う日経225オプションシステム一任勘定の詳細は→ こちら
取引明細書の閲覧をご希望の方は → こちら
スポンサーサイト

以下は私のPAMM運用中のライブ口座をタイムリーに公開しているものになります。





PAMMってなに?FXマネージドアカウントって何?という方はまずはこれ!↓
↓これ無料提供はもったいないレベルの内容だよと言われているマニュアルです↓

《無料》9年間の経験がモノを言った!FXマネージドアカウント(PAMM)の基本と知られざるプロのチェックポイント>
上記のような優れたPAMMを自分で見つけて運用できるようになるノウハウの全ては以下の講座で余すことなくお伝えしています。
ブログでは口が裂けても書けない!PAMMマスタークラスオンライン特別集中講座↓↓↓↓
↓↓ご提供開始から非常に高い評価を多数頂いています!↓↓



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

100円台
海外のFX業者を使った海外FXトレードは実に多くのメリットがあります。きゃー!PAMMやMAM、マネージドアカウントもその1つ。なにかと知ってしまうともう日本のFX業者を使ってなんてやってられんorz!レバレッジの規制もないですし、推進or申告分離・・税制の違いも使いようです(◔ฺo◔ฺ 海外へ視点を移すと色々なことがガン見えです。環境を大きく変えると、日本ではありえない常勝トレードのヒントまで見えてきたり・・・おっとっと  まだまだこのブログは知る人ぞ知る?目立たないブログです。勝つのは少数派・・・そんな存在でいられれば面白いですね 。同じ視点を持つトレーダーや投資家の方々とは一緒に得をしていきたいと思います(^^)
海外のFX業者を活用した私の加速的なトレードのやり方・・・・・・を読む前に
____________________________________________________________________________________________________________________________________

皆様こんちわ照  海外FX(゜Д゜)ノ ァィ です。

先日知り合いの現役経営コンサルタント/ジャーナリストとのやりとりをそのまんまアップさせてもらいましたが、 彼とここ最近メールやチャットのやりとりをしていて、いろいろと語っておりますので、取りまとめて 今回もアップします。
(本人には了解済みです)


証券・投資運用業界で25年上場・公開企業2000社以上相手にしてきた
彼の見えている相場に対する情景もまた参考になるかもしれません。
 

↓こっから彼の頭の中↓

*****************************************************************************************

いよいよ100円台に定着するのか

9月前半の3つの大きなイベントを通過して、今後をどう見たらよいか、考えてみました。

まずは、9月6日の米雇用統計です。これには、「ジブリの法則」というオマケが絡んで、見方が難しかったのですが、見事に今回も法則が作用しましたね。

私自身、この法則の存在を知ってから初めての雇用統計発表だったので興味津々、見ていたのですが、その法則?の力強い作用に驚きました。

非農業部門新規雇用者数の増加幅は16万9,000人で、予想の18万人にわずかに届きませんでした。本来であれば誤差の範囲とも言えるような、わずかな未達にもかかわらず、ドル円が98円50銭寸前まで下落したのですから、さすがは「ジブリの法則」でした。

今回はなぜか一般マスコミでもジブリの法則が報じられて広く世に知られることになり、そこにわずかとはいえ数値が予想に未達だったため、反応が増幅されて大きな相場変動につながったのだと思います。

まさに伝説が伝説を作る、という展開ですね。



伝説はともかく、雇用統計の数値自体は予想の範囲内、誤差の範囲内であったと思います。数値が弱かったことで9月のQE3縮小はないという見方も一部にはあるようですが、私自身は、9月のQE3縮小を思いとどまらせるほどの悪い内容ではなかった、という見方です。



もう一つは、言うまでもなく2020年の東京オリンピック開催決定のニュースです。

私自身はこのニュースが為替レートに与える影響のロジックについてもう一つ理解しきれていないところがあるのですが、間に「株高」を挟んで、東京オリンピック開催決定→日本株高→円安、ということなのでしょうか・・?いずれにしろ、現実はそのような動きになっています。

3つ目はG20とそこでの最大のテーマであるシリア問題ですね。これはG20後にロシアが「化学兵器を国際監視下に置くべき」とシリアに提案し、米国も「来週中にシリアが化学兵器をおとなしく引き渡して廃棄すれば攻撃しないと呼応して現在に至っています。

私は、上記の3つのイベントの中ではシリア問題にもっとも興味を惹かれました。

米国の攻撃があるのかないのか、について何とも言えない状態は従来通りなのですが、これまでとはっきり変わった点は、9月のFOMCが先に来て、そのあとに(あるとすれば)シリア攻撃があるということです。

従来の流れでは、今週中にシリア攻撃があり、その後にFOMCという流れでした。

私はこの差は結構大きいのではないかと考えています。

基本的に私は9月にQE3縮小が開始されるという見方をしていますが、その立場に立つと、来週半ばのFOMCでQE3縮小が決定され、ひとまずドル高円安の方向性が確立する、というシナリオを立てることが可能になります。


その後(おそらく翌週以降)シリアへの攻撃の是非が改めて議論されるわけですが、仮にシリアへの攻撃がなされたとしても、円買いドル売りへと巻き戻す力はさほど強くはないのではないかと考えています。

要因はいろいろありますが、なかでも、シリアへの攻撃が表面化してから時間的に約1か月の時間が経過するという要因が大きいように思います。

さらに言えば、攻撃の可能性自体が低下している状況にあります。
要は、QE3縮小の効果が、素直に為替相場に反映されやすい地合いとなったということだと思います。

為替レートと株式市場の連動性にも注目です。

私は、年末近くからはこの連動性は薄れていくという考えを持っておりますが、反対に言えば、年末近くまでは連動性は継続するということです。

日本株市場の「オリンピック祭り」は一旦、今週で終わるのでしょうが、為替の円安進行に支えられて業績の上方修正期待が維持され、日本株市場は堅調に推移するのではないかと考えています。

株価と為替レートが支え合う形で株高・円安を維持するのではないかとみています。

10月初頭には消費増税と成長戦略の発表が控えており、

その後10月下旬から中間決算発表になってきますドル円が100円台に定着できるかどうかは、実は10月をまたがないと何とも言えない(すなわち、10月中に再び2ケタ台に戻ってくる可能性がある)と思いますが、9月の半ば以降は、100円台の為替レートを見る機会が多くなりそうな予感がしています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「経営コンサルタント/ジャーナリスト H氏
アナリスト、ファンドマネジャーとして証券・投資運用業界で25年の経験。
現在、経営コンサルとして、IR・広報、知財・法務、事業承継、事業再生などに関するアドバイス業務を行っている」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*****************************************************************************************


皆様へ参考になればと思います。。
まぁ大したことはないけどふ~ん!と思った方はここをボチっとお願いします!!


私の、9年に及ぶFX、マネージドアカウント、PAMM、投資、海外・・ で学んだことの全てを。↓
bn

私の実践資産運用はこちらで公開しています ↓

国内証券口座で行う日経225オプションシステム一任勘定の詳細は→ こちら
取引明細書の閲覧をご希望の方は → こちら

以下は私のPAMM運用中のライブ口座をタイムリーに公開しているものになります。





PAMMってなに?FXマネージドアカウントって何?という方はまずはこれ!↓
↓これ無料提供はもったいないレベルの内容だよと言われているマニュアルです↓

《無料》9年間の経験がモノを言った!FXマネージドアカウント(PAMM)の基本と知られざるプロのチェックポイント>
上記のような優れたPAMMを自分で見つけて運用できるようになるノウハウの全ては以下の講座で余すことなくお伝えしています。
ブログでは口が裂けても書けない!PAMMマスタークラスオンライン特別集中講座↓↓↓↓
↓↓ご提供開始から非常に高い評価を多数頂いています!↓↓



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。