FC2ブログ
外国為替証拠金取引ブログ
本ブログはあくまで自己の経験や考え方を発進するものであり投資を勧誘、斡旋するものではありません。判断は自己責任でお願いします
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
FXトレーダーのヨットはここにある!?(←意味が分かる人はけっこう玄人)
FX知識と経験を公開していきます

Sisce 2004
FXトレードをはじめ為替業界は13年目になります。FXを始めて最初の数年間に、あるトレード方法を伝授されたことで、連日20万~30万という利益を簡単に積み重ねていくという実にお祭りのような日々を経験。かなり大きな利益を手にし有頂天になりました。 しかし・・・その後失ったお金もフェラーリ1台くらい・・(-_-;)||||(シャレならん・・) 他では味わえない精神的苦痛や独特の絶望感の限界と、金銭的大大ダメージを経験し、その後私は一時専業トレーダーという過酷で孤独な仕事から退きました。自らの酸いも甘いもの経験と、FXを通じて国内外の出会いが常々ありながら今日に至ります。FXの酸いも甘いも裏も表もとてもガッツリ経験済み。


SEO:FX SEO:システムトレード SEO:デイトレ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港でお会いした方が運営されているサービスです。”スプレッドを縮小させることができる”とも言い換える事ができるトレーダー必須のサービス。世界最高のキャッシュバック金額を約束しますと断言されてました。リストにある海外FX業者を使うならここを通さない理由はないと思います。賢くコスト(手数料)を抑えられますね。↓



--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|
日本にいながらFXで正々堂々と手元に金を残す!!
海外のFX業者を使った海外FXトレードは実に多くのメリットがあります。きゃー!これを知ってしまうともう日本のFX業者を使ってなんてやってられんorz!レバレッジの規制も始まりましたしね(◔ฺo◔ฺ)☠ฺちーん☠ฺ
海外へ視点を移すと色々なことがガン見えです。環境を大きく変えると、日本ではありえない常勝トレードのヒントまで見えてきたり・・・おっとっと  まだまだこのブログは知る人ぞ知る?目立たないブログです。勝つのは少数派・・・そんな存在でいられれば面強調文白いですね 。同じ視点を持つトレーダーの方々とは一緒に得をしていきたいと思います(^^)
海外のFX業者を活用した私の加速的なトレードのやり方・・・・・・を読む前に
____________________________________________________________________________________________________________________________________

皆様こんにちわ照  海外FXです(゚Д゚)ノ

海外FXトレードの最大の難所。税金の壁を乗り越えるには?

日本にいながらFXで正々堂々と手元に金を残す!!


海外のFX業者を利用してトレードをするメリットははかりしれません。
スプレッドこそ日本の業者も狭く(手数料が安く)なりましたが、日本では法的な規制があって最大で25倍までのレバレッジでしかトレードを行うことができませんよね(個人の場合)。

ところが日本以外の諸外国ではレバレッジ規制はなく、100倍や200倍のレバレッジは当たり前。中には888倍とか1000倍といったサービスを提供する業者が存在します。これも多くの方がご存じのことでしょう。

888倍のレバレッジサービスがある業者を利用すれば、日本の業者に納める証拠金と同額の証拠金を納めれば、遥かに多額の通貨取引が可能です。
25倍の環境下ではUSD/JPYの取引を行う場合は1ドル=95円の為替レートの場合は1万通貨で95円×1万×1÷25で3万8000円相当の証拠金が必要です。

それに対して888倍のレバレッジなら、95円×1万×1÷888で1070円ほどの証拠金で良いことになります。さすがに888倍のレバレッジで証拠金ギリギリの勝負をするとなると危険ですから、1万円程度を納めていたとしましょう。そうすると、強制ロスカットやマージンコールが発生する確率がほとんど無くなってしまうのです。まあこれは全く損切りしないとかいう場合は別の話ですが。。
つまりそれなりの証拠金でレバレッジ100倍程度の勝負をしていれば、自動売買プログラムを組み、後は放っておくだけで思惑と逆方向に動いても口座が突然吹っ飛ぶというような大事故が起きることを避けつつ気長に運用することができると言えます。
基本的な事を言っているようですが、リスクが極力抑えられて、無限大の利益を期待できる”わりと安気にほおっておける金融商品”で自分の資産を運用しているのと同じことになるということです。(ただし、思惑と違う方向に動いている場合は、証拠金の換金性はなくなります)。


海外FX業者を利用すると最大で50%の課税
隠していると脱税で逮捕もあり得る



基本的な内容の前置きとなってしまいましたが、
それでも海外のFX業者を利用する人がまだまだ少ないのは、その存在やメリットがきちんと知られていないことと同様に、いざ利益が出たときビックリするくらいの税金を取られてしまうからでもあるかもしれません。

日本人が日本に居住しながらFX取引を行った場合、日本国内に存在するFX業者を利用しているときには、源泉分離課税が適用され所得税、住民税総額でも利益の20%までしか税金を取られません

、同様に日本人が日本に居住しながら海外のFX業者を利用していたときには累進課税が適用となり最高で利益の50%にまで税金が課されてしまうことになります。下の表が海外FX業者を利用して利益を出したときの総合課税の税率です。
課税所得金額 所得税 住民税 所得税・住民税合算
以下 税率 税率 税額速算式
0万円超 195万円  5%.一律10% 15%.
195万円 330万円 10%-9万7500円 20%-9万7500円
330万円 695万円 20%-42万7500円 30%-42万7500円
695万円 900万円 23%-63万6000円 33%-63万6000円
900万円 1800万円 33%-153万6000円 43%-153万6000円
1800万円 40%-279万6000円 50%-279万6000円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
(総合課税税率)

そんなに税金取られるのなら黙って申告しなければいい、そう考える人もまだまだいるかもしれません。しかし、それは立派な脱税行為。税務署は水面下で徹底的に調べ上げて警察に告発、ある日突然ドアをコンコン・・と脱税者を逮捕しにやってきます。

「海外 FX 脱税 逮捕」で検索してみると氷山の一角ですが分かります。税務署は気付かない、などという風評を現実は見事に吹き飛ばしてくれます。

では利益が出たら黙って税務署に高額な税金を納めなければならないのか・・、と頭を垂れることもありません。
ここでは自己のトレードの利益がどれほどになるのかという想定や計画によって環境を考えるということは置いておいて、一切、税務署も文句が付けられない国と国との間にある決まりごとによる“節税法”が存在するという部分に触れたいと思います。


シンガポールは条件が厳しそうだが
様々なウラ技が存在する


“節税法”のひとつめは、海外ではなく国内で可能です。
自分が代表取締役である合同会社か株式会社を設立してしまうこと。その会社の定款に「投資業務」を盛り込むことです。

この手続きを取っていれば、海外FX業者の口座が個人名であってもその資金を全て一度、会社の経理を通せば商法上で、FXの利益は総合課税が適用される雑所得ではなくなり事業収入になります。
事業収入なのですから、他の損金などと相殺し、税理士に任せて税務申告すれば50%なとという税率は適用されることはなくなるのです。


ただし、投資目的だけで設立した会社だと事業にかかるコストがそれほどあるわけでもないでしょうし、非常に例外的な話ですが意地の悪い税務署員が担当になったりすると、事業所得として認めず総合課税を課してくる可能性も実際のところゼロではありません。
「見解の相違」これが発生したときは実際のところ税理士のちからの見せどころですねww

いずれにしても最終的に落ち着くべきところに落ち着く話なのですが、非常に面倒くさい作業が待っていたりするのも事実です。

そこで第二の“節税法”です。

1年365日のうち、過半数の日数分だけ海外脱出してしまうこと。日本の税務当局が税金の徴収権がある対象は日本国内に1月1日から大晦日の1年の間、183日以上滞在している人間に対してだけです。例えば米国民は属人主義、日本は属地主義ですから。
プラス住居実態をちゃんと海外に置いておくという事も必要といえば必要ですが。。

ただ、こちらに関しても「本業をほっぽり出して海外に行くことできないよなぁ」という人がほとんどでしょう。
実態の問題もありますしね。

ならば第三の“節税法”に注目すべきです。
税率が安い国に移住してしまうのではなく、日本国内に居住し、これまでと同じ業務に就きながら節税する方法です。

税率の安い香港かシンガポールに会社を設立してしまえばいいのです。

シンガポール
香港


そしてその海外の会社から自分が受け取る報酬を極力抑えて、香港かシンガポールの会社の口座に法人税を支払った後の利益剰余金を残していきます。

ただし・・****が絶対条件ですがwww



ただし・・****が絶対条件なのですがwww

節税はそんなに簡単ではありません。

その留保された金に対しては日本の当局は誰がなんと言おうと一切手出しをすることができません。

もちろん、会社を設立するにはそれなりのお金がかかりますが、その会社設立費用に関しては設立代行会社を利用しても30万円強の費用がかかるだけ。さらに毎月、会社維持費用がかかりますが、わずかな金額に抑えることも可能でしょう。

海外の口座にあるお金ですが、香港、シンガポールの銀行ともにキャッシュカードは国際ATM機能を搭載しています。
1回の引き出しあたり500円程度の手数料がかかりますが、コンビニのATMでも出金が可能です。

海外の法人設立に関してはサーチエンジンで探すことも可能ですが、安いで決めちゃえらいことに。。
この業者選びが後々どれだけ重要になってくるのかはオンライン講座でも深くつっこんで説明していますが、あまり深く考えず、値段が安い、サポートが日本語というだけで依頼してしまう場合が多々あります。無責任な業者に依頼してしまったがためにその後の法人運営管理が問題をかかえるというケースは山ほど見てきましたので、
もし海外法人の設立をお考えの方は1度ご相談ください。
信頼できるエージェントのご紹介が可能です。
 

海外法人設立についてのお問い合わせはこちら
いずれにせよ、自分がFXトレードで大きな利益を出すことを目的としているなら、若しくはどれだけの利益が見込めるかがおおよそ推定できる運用を確立しているのであれば、
海外法人設立の話は必ず知っておいた方がいいでしょう。

皆様へ参考になればと思います。。
まぁ大したことはないけどちょっとはヒントになったぞ!という方はここをボチっと


スポンサーサイト

香港でお会いした方が運営されているサービスです。”スプレッドを縮小させることができる”とも言い換える事ができるトレーダー必須のサービス。世界最高のキャッシュバック金額を約束しますと断言されてました。リストにある海外FX業者を使うならここを通さない理由はないと思います。賢くコスト(手数料)を抑えられますね。↓



テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

2013/03/29(金) 15:40:10| 日本にいながらFXで正々堂々と手元に金を残す!!| トラックバック:0 コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。