FC2ブログ
外国為替証拠金取引ブログ
本ブログはあくまで自己の経験や考え方を発進するものであり投資を勧誘、斡旋するものではありません。判断は自己責任でお願いします
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
FXトレーダーのヨットはここにある!?(←意味が分かる人はけっこう玄人)
FX知識と経験を公開していきます

Sisce 2004
FXトレードをはじめ為替業界は13年目になります。FXを始めて最初の数年間に、あるトレード方法を伝授されたことで、連日20万~30万という利益を簡単に積み重ねていくという実にお祭りのような日々を経験。かなり大きな利益を手にし有頂天になりました。 しかし・・・その後失ったお金もフェラーリ1台くらい・・(-_-;)||||(シャレならん・・) 他では味わえない精神的苦痛や独特の絶望感の限界と、金銭的大大ダメージを経験し、その後私は一時専業トレーダーという過酷で孤独な仕事から退きました。自らの酸いも甘いもの経験と、FXを通じて国内外の出会いが常々ありながら今日に至ります。FXの酸いも甘いも裏も表もとてもガッツリ経験済み。


SEO:FX SEO:システムトレード SEO:デイトレ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港でお会いした方が運営されているサービスです。”スプレッドを縮小させることができる”とも言い換える事ができるトレーダー必須のサービス。世界最高のキャッシュバック金額を約束しますと断言されてました。リストにある海外FX業者を使うならここを通さない理由はないと思います。賢くコスト(手数料)を抑えられますね。↓



--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|
国内証券口座で行う日経225オプションシステムマネージド(自動売買プログラム+監視)7月実績
国内証券口座で行う日経225オプションシステムマネージド(自動売買プログラム+監視)

2013年7月の推移報告

7月  +1.81%

先月6月結果は歴史上10番目、13年で最大の下げ幅という暴落に遭遇し、初の月間マイナスという結果だったわけですが、
巻き返しを図りたい7月は相場の不安定さへの警戒感から動向を見つつの慎重なトレードを行ったようでした。

着実かつ早期の巻き返しを期待です!

しかし、改めて5月の日経平均大暴落は、海外ファンドや海外の証券会社など多方面の損失状況と比較しても、
このマネージドは軽微な痛手で収まった感があるなぁと思います。

海外の証券会社(Phillip Securities)の話を聞いていると、日経225オプションのファンドはどこも
大損失くらっているか、ぶっ飛んじゃっているようですので;;

FXを長年やってきて、昨年から日経225オプションを知り、ポートフォリオに入れているわけですが、
両方を比べてみるとその仕組みの違いや損益の仕組みなど面白いなと思うことばかりで、はやり1番の特徴は、
日経225オプションというのは、FXとは全然ちがう仕組み上のルール(特徴)があって、

プット(売り)戦略であれば、
「え??こんなに簡単にこんなに高利回り頂戴していいの?」というほくそ笑んじゃうほどの取引を誰でもビシバシ経験することができるという部分でしょうか。
特にノウハウなどなくてもです。

これは、別に特別な話ではなくオプションの基本原則のルール上のことですので。

この特徴 FXをやってきたのであれば尚更それを感じると思います。

具体的には、日経225オプションには
”売りは買いよりも圧倒的高確率で勝てる” という原則があり、これにプラスして ”アットザマネーから近いところで売っていればかなり高利回りが取れる” ということがあります。

どれくらい高利回りを高い確率で狙えるかというと、月間15%~30%なんてのも全然いけるわけです。

FXをやられてきた方々は「売りは 超高確率で勝てる」なんて聞くと、
「は~!?相場の方向なんてフィフティフィフティだろう!取ったポジションからほぼ間違いなく下落するって言ってるのと同じだぞ? そんなことがなんで言えるんじゃい!」
おまえは神様か!

と思うと思います。(私も1番最初はそうでした)

ここがオプションのルールの面白いところなのですね。
日系225オプションについては以下のサイトで基本は学びましたので参考に。
http://www.option-dojo.com/

しかし、日経225オプションも投資の基本原則は同じ。
ハイリスク=ハイリターン ローリスクローリターンですから、
いくら勝率が面白いほどにマジで高いくせに高利回りが狙えるルール上の特徴があるとしても、売り戦略のリスク(言ってしまえば今回のような巨大な下げ幅の暴落が起こりうるということ)をよく理解しておかなければなりません。

高確率の勝ち&高利回りを追求するあまり、大暴落などそうそう起こらんでしょうといった根拠のない憶測のもと
アットザマネーに近いところでガンガン売っていたような方々は、今回の暴落で資金をぶっ飛ばしているでしょう。。
それまでにガンガン大きな利益が積み上げてていたかもしれませんが。。


個人的には、現在の平均利回りである月平均4.8%もあれば十分すぎで、
その半分の2%程度でも十分かなと思っているので、今回のような大暴落でも、さらに軽微な損失で乗り切れる運用を継続して欲しいなと思っています。

とりあえず 7月 +1.81%で 一安心!

スポンサーサイト

香港でお会いした方が運営されているサービスです。”スプレッドを縮小させることができる”とも言い換える事ができるトレーダー必須のサービス。世界最高のキャッシュバック金額を約束しますと断言されてました。リストにある海外FX業者を使うならここを通さない理由はないと思います。賢くコスト(手数料)を抑えられますね。↓



2013/07/25(木) 11:04:56| 国内のマネージドアカウント(一任勘定)| トラックバック:0 コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。