FC2ブログ
外国為替証拠金取引ブログ
本ブログはあくまで自己の経験や考え方を発進するものであり投資を勧誘、斡旋するものではありません。判断は自己責任でお願いします
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
FXトレーダーのヨットはここにある!?(←意味が分かる人はけっこう玄人)
FX知識と経験を公開していきます

Sisce 2004
FXトレードをはじめ為替業界は13年目になります。FXを始めて最初の数年間に、あるトレード方法を伝授されたことで、連日20万~30万という利益を簡単に積み重ねていくという実にお祭りのような日々を経験。かなり大きな利益を手にし有頂天になりました。 しかし・・・その後失ったお金もフェラーリ1台くらい・・(-_-;)||||(シャレならん・・) 他では味わえない精神的苦痛や独特の絶望感の限界と、金銭的大大ダメージを経験し、その後私は一時専業トレーダーという過酷で孤独な仕事から退きました。自らの酸いも甘いもの経験と、FXを通じて国内外の出会いが常々ありながら今日に至ります。FXの酸いも甘いも裏も表もとてもガッツリ経験済み。


SEO:FX SEO:システムトレード SEO:デイトレ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港でお会いした方が運営されているサービスです。”スプレッドを縮小させることができる”とも言い換える事ができるトレーダー必須のサービス。世界最高のキャッシュバック金額を約束しますと断言されてました。リストにある海外FX業者を使うならここを通さない理由はないと思います。賢くコスト(手数料)を抑えられますね。↓



--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|
FX市場で密かに注目されている ジブリの法則
海外のFX業者を使った海外FXトレードは実に多くのメリットがあります。きゃー!PAMMやMAM、マネージドアカウントもその1つ。なにかと知ってしまうともう日本のFX業者を使ってなんてやってられんorz!レバレッジの規制もないですし、推進or申告分離・・税制の違いも使いようです(◔ฺo◔ฺ 海外へ視点を移すと色々なことがガン見えです。環境を大きく変えると、日本ではありえない常勝トレードのヒントまで見えてきたり・・・おっとっと  まだまだこのブログは知る人ぞ知る?目立たないブログです。勝つのは少数派・・・そんな存在でいられれば面白いですね 。同じ視点を持つトレーダーや投資家の方々とは一緒に得をしていきたいと思います(^^)
海外のFX業者を活用した私の加速的なトレードのやり方・・・・・・を読む前に
____________________________________________________________________________________________________________________________________

皆様こんちわ照  海外FX(゜Д゜)ノ ァィ です。

ある"法則"について。

さて・・今週金曜日は 21:30分~ 紅の豚 です。

buta.jpg

みなさまは見ますか?  私は観ません。 

魔女の宅急便派ですので。。   ジブリに”派閥”などないですけど、なんかこう言いたい。。

  ご存じ宮崎駿監督の大空へのロマンがつまった不朽の名作アニメーションで、
1920年代のイタリアを舞台に紅の飛行艇で大空を駆けるブタとなった男のロマンあふれる活躍を描いた作品ですよね。皆様も1度は見たことがあるかもしれません。

さて、いったいそれがどうした?ということですが、

皆様はFX市場で密かに注目されている「ジブリの法則」というものをご存知ですか?

いや 大マジ です。

ジブリの法則とは「第1金曜日にジブリ作品が放映されると為替市場、株式市場が大荒れになる」という、初めて聞くとスルーしてしまいそうな、ユーモラスな印象の法則です。

私も最初に”ジブリの法則”の事を目にしたとき、「日本で死亡する人種は圧倒的に日本人が多い」といった類のものかと思いましたが、これがなかなかどうして、

もう少し真剣なものだとわかりました

明日金曜日は、ジブリの法則が今回もワークするのか、市場関係者の関心を誘っているらしいのです。 

これがけっこう的中しているから”法則”なんてことになっているよう。。

それはそれとして、仮にジブリの法則なるものが今回もワークしたときのことを考えてみたいと思います。(大荒れになるのは予想が上下に振れる場合が考えられるが、まあ通常は下回る場合がほとんどかな。。)
各種報道によれば、明日の雇用統計では、非農業部門雇用者数変化が18万人増というのが市場のコンセンサスらしいです。

でジブリの法則が的中とはどの程度をいうのか、なかなか判断が難しいわけですが、仮に15万人増にとどまったとすれば、多くの市場参加者にとっては「ネガティブ・サプライズ」となり、足元の円安ドル高方向への流れが一旦巻き戻されることになるでしょう。

雇用統計がどうなるのか、ひいてはジブリの法則が的中するのかどうか、結果についてはフィフティ・フィフティ・・。
しかし、それぞれの場合に対するどういうアクションを取るかの準備はイメージ作っています。
仮に雇用統計が予想を下回って円高に巻き戻された場合は、そこはドル買いのチャンスと考えています。もちろんその時の為替レートの水準にもよりますが、もし98円台半ばかそれ以上の円高まで行けば、いわゆる「全力L」にまでポジションを高めようかなんて考えていますww。

もちろん計画的ポジションサイジングの範囲内ですが。

このように考える理由は単純で、雇用統計が仮に予想を下回ったとしても、FRBがQE3縮小を9月に実行する可能性が高いとみているためです。

そうだとすれば円高方向への巻き戻しは一過性のもので、短期間に円安ドル高方向へと戻ってくるはず。。という見方です。まさに絶好の押し目。

私が確信を抱いている理由は何かといえば、それはUS国内でのエコノミストら市場参加者の見方が9月開始でほぼ出そろっていることにあります。

今、彼らの議論のポイントは9月か12月かではなく、縮小幅がいくらなのか、です。
ここまで議論が固まってくれば、バーナンキ議長としても市場との対話に腐心したかいがあったというものでしょう。

ということでちょとぐらい統計が悪くても、この機をみすみす逃す理由はないかなと思います。

いつもの雇用統計にl加え、明日はジブリの法則という新しいイベントが加わり、法則は見られるのかちょっと楽しみです。

と、このブログ書いている途中にドル円は99円90銭を大きく超えて100円に迫ってます。
皆様へ参考になればと思います。。


まぁ大したことはないけどふ~ん!と思った方はここをボチっとお願いします!!



スポンサーサイト

香港でお会いした方が運営されているサービスです。”スプレッドを縮小させることができる”とも言い換える事ができるトレーダー必須のサービス。世界最高のキャッシュバック金額を約束しますと断言されてました。リストにある海外FX業者を使うならここを通さない理由はないと思います。賢くコスト(手数料)を抑えられますね。↓



2013/09/05(木) 14:23:21| ジブリの法則| トラックバック:0 コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。