FC2ブログ
外国為替証拠金取引ブログ
本ブログはあくまで自己の経験や考え方を発進するものであり投資を勧誘、斡旋するものではありません。判断は自己責任でお願いします
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
FXトレーダーのヨットはここにある!?(←意味が分かる人はけっこう玄人)
FX知識と経験を公開していきます

Sisce 2004
FXトレードをはじめ為替業界は13年目になります。FXを始めて最初の数年間に、あるトレード方法を伝授されたことで、連日20万~30万という利益を簡単に積み重ねていくという実にお祭りのような日々を経験。かなり大きな利益を手にし有頂天になりました。 しかし・・・その後失ったお金もフェラーリ1台くらい・・(-_-;)||||(シャレならん・・) 他では味わえない精神的苦痛や独特の絶望感の限界と、金銭的大大ダメージを経験し、その後私は一時専業トレーダーという過酷で孤独な仕事から退きました。自らの酸いも甘いもの経験と、FXを通じて国内外の出会いが常々ありながら今日に至ります。FXの酸いも甘いも裏も表もとてもガッツリ経験済み。


SEO:FX SEO:システムトレード SEO:デイトレ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港でお会いした方が運営されているサービスです。”スプレッドを縮小させることができる”とも言い換える事ができるトレーダー必須のサービス。世界最高のキャッシュバック金額を約束しますと断言されてました。リストにある海外FX業者を使うならここを通さない理由はないと思います。賢くコスト(手数料)を抑えられますね。↓



--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|
FOMCを来週に控えて
海外のFX業者を使った海外FXトレードは実に多くのメリットがあります。きゃー!PAMMやMAM、マネージドアカウントもその1つ。なにかと知ってしまうともう日本のFX業者を使ってなんてやってられんorz!レバレッジの規制もないですし、推進or申告分離・・税制の違いも使いようです(◔ฺo◔ฺ 海外へ視点を移すと色々なことがガン見えです。環境を大きく変えると、日本ではありえない常勝トレードのヒントまで見えてきたり・・・おっとっと  まだまだこのブログは知る人ぞ知る?目立たないブログです。勝つのは少数派・・・そんな存在でいられれば面白いですね 。同じ視点を持つトレーダーや投資家の方々とは一緒に得をしていきたいと思います(^^)
海外のFX業者を活用した私の加速的なトレードのやり方・・・・・・を読む前に
____________________________________________________________________________________________________________________________________

皆様こんちわ照  海外FX(゜Д゜)ノ ァィ です。

先日知り合いの現役経営コンサルタント/ジャーナリストとのやりとりをそのまんまアップさせてもらいましたが、 彼とここ最近メールやチャットのやりとりをしていて、いろいろと語っておりますので、取りまとめて 今回もアップします。
(本人には了解済みです)


証券・投資運用業界で25年上場・公開企業2000社以上相手にしてきた
彼の見えている相場に対する情景もまた参考になるかもしれません。
 

↓こっから彼の頭の中↓

*****************************************************************************************

FOMCを来週に控えて思うこと

9月のFOMCが来週に迫ってきましたね。9月17、18日の両日開催され、日本時間では19日木曜日の早朝に内容が発表されるというスケジュールです。

そこでの最大のポイントは言うまでもなく、QE3の縮小が決定されるのかどうか、縮小されるとしたらその規模はどれくらいになるのか、そして、それが為替市場に与える影響は?、ということになろうかと思います。

これについてどんな予想をされているのでしょうか?

私は、9月からQE3は縮小で、その幅はまずは少な目(国債で100億ドルの削減。MBSには手を付けない)といったあたりではないかと予想しています。

この内容であればすでに織り込み済みということで、為替市場の反応は限定的なものにとどまるのではないかと考えています。

100円を大きく超えて101円50銭あるいは103円といった節目を一気に抜くというイメージよりは、100円台前半を固めに行くというようなイメージを描いてます。

L派の私としてはもちろん一気に高値を抜いてほしい気持ちが強いのですが、さすがにそこまでのエネルギーは今回のFOMCからは発せられることはないと考えてます。

このような私の考えは、市場コンセンサスに沿ったものですから、
何が起こればサプライズになるかをちょっと考えてみました。

QE3縮小見送り:私個人的としては出来れば避けてほしい展開ですが、この可能性も否定できません。市場のコンセンサスは9月の緩和縮小でほぼ固まってきたように思いますので、緩和縮小の見送りはちょっとしたサプライズとなるのではないでしょうか。

その場合は、12月からの縮小の可能性がむしろ高まり、タイミングが後ズレしただけという反応となるので、市場の混乱の度合いは小さいのではないかと予想します。

QE3の縮小額が200億ドル規模となる:ご存知のように、QE3の内訳は、国債買入れで450億ドル、MBS買入れで400億ドルです。このうち、MBSは住宅市場への影響が多いので、さすがのFRBも当面は手を付けてこないとみられています。

一方、国債については9月と12月の2回で全廃するという見方をする識者も少数ながらいます。もし9月で200億ドル縮小させると、12月で残り250億ドルを縮小させるというシナリオの現実味ががぜん高まってきます。

QE3の縮小がMBSにも及ぶ:これを予想するエコノミストはほとんどいないように思います。

実際、その可能性は非常に小さいのだと思います。が、たとえ50億ドル程度でもMBSに手を付けてくるようなことになれば、FRBの緩和縮小へのメッセージはものすごく強調される一方、住宅市場への影響が不透明なので、為替市場だけでなく株式市場も含めて、消化するまで混乱するのではないかと思います。

たとえば、ドル高円安という反応ではなく、ドル安円高という反応も十分起こり得るのではないでしょうか。

上記の3つくらいしか展開が想定できないですが、他にも予想もつかないことが起こる可能性は常にありますね。今から来週のFOMCが楽しみです。

FOMCの楽しみとして、もう一つの視点を挙げたいと思います。

それは日本株市場の動き方です。

QE3の内容によっては、為替が円安ドル高、米国株市場が株価下落という反応を示す可能性があります。

そうなったとき、日本株市場は、いったいどちらに引っ張られるのでしょうか?

この点も、私にとっては大いに興味のあるところですが、考えても全く答えは出てきません。私自身は、日本株とドル円の高い連動性が崩れてくるのはもう少し先と考えておりますが、FOMCの内容次第では、一時的にせよ連動性が崩れて、将来に予想される本格的な連動性喪失の準備運動になるかも・・・

などとちょっと妄想したりもしているところです。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「経営コンサルタント/ジャーナリスト H氏
アナリスト、ファンドマネジャーとして証券・投資運用業界で25年の経験。
現在、経営コンサルとして、IR・広報、知財・法務、事業承継、事業再生などに関するアドバイス業務を行っている」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*****************************************************************************************


皆様へ参考になればと思います。。
まぁ大したことはないけどふ~ん!と思った方はここをボチっとお願いします!!


私の、9年に及ぶFX、マネージドアカウント、PAMM、投資、海外・・ で学んだことの全てを。↓
bn

私の実践資産運用はこちらで公開しています ↓

国内証券口座で行う日経225オプションシステム一任勘定の詳細は→ こちら
取引明細書の閲覧をご希望の方は → こちら
スポンサーサイト

香港でお会いした方が運営されているサービスです。”スプレッドを縮小させることができる”とも言い換える事ができるトレーダー必須のサービス。世界最高のキャッシュバック金額を約束しますと断言されてました。リストにある海外FX業者を使うならここを通さない理由はないと思います。賢くコスト(手数料)を抑えられますね。↓



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

2013/09/13(金) 17:35:52| ジャーナリストH氏| トラックバック:0 コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。